NEWSニュース

2019.07.25
明治座の変~麒麟にの・る~ 【2019年12月28日】

明治座の変~麒麟にの・る~

◆演出 原田優一 
◆脚本 赤澤ムック
◆劇場 明治座
◆公演日程:2019年12月28日(土)~12月31日(火)
  ※タイムテーブルは公式HPをご覧下さい。https://le-hen.jp
◆出演:
平野良(W主演)、安西慎太郎(W主演)
 神永圭佑、木ノ本嶺浩、滝口幸広/
 井阪郁巳、松田岳、小早川俊輔、吉村駿作、土屋神葉/
 林剛史、谷戸亮太、川隅美慎、二瓶拓也、井深克彦、中村龍介/
 加藤啓、内藤大希(Wキャスト)・原田優一(Wキャスト)、椿鬼奴/
 辻本祐樹/粟根まこと/凰稀かなめ(特別出演)

◆内容
第一部 芝居「麒麟にの・る」
第二部 番外編「3.5次元舞台~日本の歴史~」総合司会/三上真史

第一部 芝居「麒麟にの・る」

●あらすじ
「この世に名君現るとき、麒麟もまた現る」

時は戦国。
武将たちが天下統一を目指して戦を繰り広げた戦乱の世。
残虐非道な第六天魔王、織田信長は今日も今日とて戦に明け暮れていた。

一方。令和元年。
動物好きで歴史オタクの青年が、動物園で突然“きりん”に 突進される。
青年が気が付くとそこは―戦国時代だった。 何故か擬人化した“きりん”が言う。
「おめでとう。今日からお前は竹中半兵衛だ。」
更に“きりん”は言う。
「“きりん”は織田信長を探しています。あ!見つけた信長!」
話を聞かない“きりん”が再び突進した先にいたのは、明智光秀と名乗る武将だった―

「何故、明智光秀は織田信長を討ったのか」
トンデモ設定で繰り広げる本能寺の変。

第二部 番外編 「3.5次元舞台~日本の歴史~」
歴史上の人物たちによる ミュージカル、LIVE、恋愛シミュレーションゲーム、寸劇、ネタ見せなど多様なコンテンツ盛りだくさんでお届けする60分。

◆チケット料金:S席 13,000円 A席 5,800円(税込・全席指定)
        カウントダウン公演のみS席 13,500円

◆一般発売:2019年9月15日(日)
◆公式HP URL→https://le-hen.jp
◆お問い合わせ:明治座 03-3666-6666(10:00~17:00)
◆企画・製作 る・ひまわり 明治座